私たちのパートナー

名古屋議定書の実施に協力

グローバルABSコミュニティは、UNDP-GEFグローバルABSプロジェクトの枠組みの中で、アクセスと利益の共有(ABS)におけるグローバルな協力の枠組みの確立を推進しています。 このプロジェクトは、さまざまなパートナーやイニシアチブと緊密に連携して、名古屋議定書の実施に使用される知識、経験、ベストプラクティス、方法論、ツールを共有しています。

パートナー

生物多様性金融イニシアチブ(BIOFIN)

バイオバーシティロゴ

バイオバーシティインターナショナル

CBDロゴ

生物多様性条約

IDLOロゴ

国際開発法機構(IDLO)

IDLOは、法の支配と持続可能な開発の促進に専念する唯一の政府間組織です。 世界中の90か国以上でさまざまな法制度を利用した経験を持つネットワークには、何千人もの信頼できる専門家、卒業生、パートナーが含まれています。 IDLOは1988年に政府間組織として設立され、2001年から国連オブザーバーステータスを取得しています。

UNCTADロゴ

貿易と開発に関する国連会議(UNCTAD)

UNCTADは、1964年に国連総会によって設立された恒久的な政府間組織です。この組織は、発展途上国がグローバル化した経済の利益に、より公正かつ効果的にアクセスできるよう支援しています。 そして私たちは、より大きな経済統合の潜在的な欠点に対処するために彼らを装備するのを助けます。 これを行うために、分析を提供し、合意形成を促進し、技術支援を提供します。

共同編集者

自然を学ぶ

NBSAPフォーラム

NBSAPフォーラムは、国家生物多様性戦略および行動計画(NBSAP)の改訂と実施をサポートすることを目的としたグローバルパートナーシップです。 の 生物多様性条約事務局(CBD)  国連開発計画(UNDP)シ 国連環境計画(UNEP) パートナーシップでホストします。 当社のWebポータルの目的は、効果的なNBSAPを開発および実装するために必要な情報を見つける際に各国をサポートすることです。 このオンラインの実践コミュニティは、NBSAPのベストプラクティス、ガイダンス、およびリソースに関するタイムリーな情報にアクセスする必要がある、または情報、知識、サポート、およびリソースを共有したい幅広い利害関係者を結び付けます。 5,000の言語を話す122人を超えるメンバーが、毎日190か国からウェブサイトにアクセスしています。」