本の発売: 遺伝資源へのアクセスと利益の共有。 名古屋議定書の実践理論

Facebookで共有
グーグルでシェア
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア

23月XNUMX日、UNDP-GEFグローバルABSプロジェクトが開始されました 「遺伝資源へのアクセスと利益の共有。 名古屋議定書の実践理論」、 アフリカ、アラブ諸国、アジア、中央および東ヨーロッパ、ラテンアメリカおよびカリブ海諸国、および太平洋諸島。

この打ち上げイベントでは、カンボジア、インド、ヨルダン、サモア、南アフリカの高官、専門家、実務家が、名古屋議定書の実施の下で開発された科学的革新とともに、各国のABS体制の法的、生態学的、経済的、社会的影響について話し合いました。

  • インド国立生物多様性局の議長であるVinodMathur博士。
  • 南アフリカ環境局の生物多様性経済と持続可能な利用のチーフディレクターであるKhorommbiMatibe氏。
  • ヨルダン王立植物園のプログラムディレクター、ムスタファ・アル・シュディファット博士。
  • ソマリー・チャン博士、カンボジア環境省およびABS National FocalPointの国務次官。
  • サモアの天然資源環境省の最高経営責任者であるフランシス・ルペナ氏。
  • Santiago Carrizosa、遺伝資源へのアクセスと利益の共有に関するUNDPグローバルリード。

利用可能な資源

資料をダウンロードする ここに。

本の発売の記録を見る ここに。

ヨルダン王立植物園のプログラムディレクターであるムスタファアルシュディファット博士が共有したプレゼンテーションにアクセスする こちら.

コメントを残して、フォーラムセクションで取り上げられたトピックについてのディスカッションを開始してください。 こちら.

アグスティナ・ラト

アグスティナ・ラト

UNDP – GEFグローバルABSプロジェクト/国連ボランティアコンポーネント、Webコンテンツおよびコミュニケーション責任者。

制限されたコンテンツ

このコンテンツに関心をお寄せいただきありがとうございます。 ナレッジリポジトリのコンテンツは、コミュニティメンバーのみが表示できます。

グローバルABSコミュニティに参加するには、ログインするかアカウントにサインアップしてください。