遺伝資源へのアクセスと利益の共有。 名古屋議定書の下で実践する理論」

Facebookで共有
グーグルでシェア
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア

「遺伝資源へのアクセスと利益の共有。 名古屋議定書の実践理論」 アフリカ、アラブ諸国、アジア、中央および東ヨーロッパ、ラテンアメリカおよびカリブ海、および太平洋諸島。

この出版物は、持続可能な開発のための 2030 アジェンダにとって、生物多様性の保全と持続可能な利用のプロセスの触媒としてだけでなく、パンデミック後の回復の推進力としての遺伝資源の重要性を強調しています。

「遺伝資源へのアクセスと利益の共有。 名古屋議定書の実践理論」 本の続刊です ABSは持続可能な開発のための遺伝資源です、14 に打ち上げth 2018年の生物多様性条約締約国会議。  

次の出版物をダウンロードしてください このリンク.

アグスティナ・ラト

アグスティナ・ラト

UNDP – GEFグローバルABSプロジェクト/国連ボランティアコンポーネント、Webコンテンツおよびコミュニケーション責任者。

制限されたコンテンツ

このコンテンツに関心をお寄せいただきありがとうございます。 ナレッジリポジトリのコンテンツは、コミュニティメンバーのみが表示できます。

グローバルABSコミュニティに参加するには、ログインするかアカウントにサインアップしてください。